現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム

森川甫 編

[目次]

  • 1. 弁証学における「接触点」と「自然神学」の問題-キリスト者と非キリスト者の「関係の原理」再考(春名純人)
  • 2. カルヴァンと『ウェストミンスター信仰告白』の信仰論<1>-R.T.ケンドールの所説をめぐって(村川満)
  • 3. カルヴァンにおける教会法と国家法(渡辺信夫)
  • 4. カルヴァンの新約聖書註解(森川甫)
  • 5. キリスト教と経済学-問題の所在とカルヴィニズムへの道(山本栄一)
  • 6. 技術社会とキリスト教<1><2>(村田充八)
  • 7. キリスト教経済倫理から社会改革へ(北村次一)
  • 8. エッサー「改革派世界連盟-エクメーネからのインパルス」(北村次一訳)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム
著作者等 森川 甫
書名ヨミ ゲンダイ ニ オケル カルヴァン ト カルヴィニズム
出版元 関西学院大学共同研究「現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム」
刊行年月 1987.10
ページ数 262p
大きさ 21cm
NCID BN04449479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88046119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想