日本古文書学論集  3

日本古文書学会 編

正倉院文書は、古代史にとってかけがえのない史料群で、まさに古代文書の宝庫である。この文書の伝来と整理の研究から、近代の古代史学と古文書学が始まったといっても過言ではない。本巻は、これらに関する基本的な名篇と、文書の応用面から正税帳や計会帳、絵図を取り扱った論文を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 正倉院文書の伝来と整理(正倉院文書について
  • 正倉院文書の整理とその写本-穂井田忠友と正集)
  • 第2章 正税帳・計会帳をめぐって(天平6年出雲国計会帳の研究
  • 大倭国正税帳について-特にその記載をめぐって
  • 但波吉備麻呂の計帳手実をめぐって)
  • 第3章 写経所をめぐって(奈良朝写経の製作手順
  • 奉写一切経所の写経事業-奈良時代末期の一切経書写
  • 光明皇后願経5月1日経の書写について)
  • 第4章 正倉院文書の諸問題(千部法華経科紙筆墨充帳の形態-正倉院文書に於ける紙背利用の一例
  • 越中国東大寺領庄園絵図について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古文書学論集
著作者等 亀田 隆之
土田 直鎮
山本 信吉
岸 俊男
弥永 貞三
新井 喜久夫
日本古文書学会
早川 庄八
栄原 永遠男
栗原 治夫
皆川 完一
舟尾 好正
飯倉 晴武
書名ヨミ ニホン コモンジョガク ロンシュウ
書名別名 古代. 1 奈良時代の文書

Nihon komonjogaku ronshu
巻冊次 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.7
ページ数 421p
大きさ 22cm
ISBN 4642012583
NCID BN02398311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88043397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
古代. 1 奈良時代の文書 山本信吉, 飯倉晴武
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想