1940年代の世界政治

川端正久 編

[目次]

  • 第1部 世界政治(戦後世界政治の始点-ヴァンデンバーグと超党派冷戦外交の助走
  • 超党派外交の成立-共和党とデューイ=ダレス=ハル協定<1944年>をめぐって
  • 国際連合の設立と軍縮問題
  • アメリカのIMF体制構築戦略の変容)
  • 第2部 アメリカとヨーロッパ(マーシャル・プランとジョージ・F.ケナンのヨーロッパ統合構想
  • 戦後イギリスのヨーロッパ統合論
  • 冷戦政策と国内政治
  • 《悲劇》と《皮肉》の間-ラインホルド・ニーバーの歴史意識と《ヴァイタル・センター・リベラリズム》)
  • 第3部 アジア・アフリカ・ラテンアメリカ(第二次世界大戦と南アジア
  • 1940年代のパレスチナ問題
  • アフリカ人の覚醒
  • 1940年代のAALAにおけるマルクス主義)
  • 第4部 40年代と現代世界(アメリカ外交のイデオロギー
  • 40年代ドイツ問題の現在-ヴァイツゼッカー大統領の「第2次大戦終結40周年記念演説」を振り返りつつ
  • 「無条件降伏」と戦後世界秩序
  • アジア・太平洋戦争論)
  • 第5部 中国-資料紹介(第二次世界大戦の全面勝利)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1940年代の世界政治
著作者等 佐藤 信一
兪 正梁
太田 正登
奥田 宏司
安藤 次男
岡野内 正
川本 謙一
川端 正久
巣山 靖司
平田 忠輔
斉藤 勝弥
木坂 順一郎
杉江 栄一
桑島 昭
櫻井 龍彦
汪 鸿祥
真鍋 俊二
福田 茂夫
豊下 楢彦
金 国康
書名ヨミ センキュウヒャク シジュウネンダイ ノ セカイ セイジ
シリーズ名 竜谷大学社会科学研究所叢書 10
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1988.5
ページ数 418p
大きさ 22cm
ISBN 4623018326
NCID BB0731801X
BN0223615X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88040811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1940年代のAALAにおけるマルクス主義 : 従属理論形成との関連でのラテンアメリカの思想状況 巣山 靖司
1940年代のパレスチナ問題 岡野内 正
40年代ドイツ問題の現在 : ヴァイツゼッカー大統領の「第2次世界大戦終結40周年記念演説」を振り返りつつ 真鍋 俊二
「悲劇」と「皮肉」の間 : ラインホルド・ニーバーの歴史認識と「ヴァイタル・センター・リベラリズム」 平田 忠輔
「無条件降伏」と戦後世界秩序 : 分析枠組みのための覚書 豊下 楢彦
アジア・太平洋戦争論 : 戦争の呼称と性格をめぐって 木坂 順一郎
アフリカ人の覚醒 : タンガニーカ初期民族主義運動 川端 正久
アメリカのIMF体制構築戦略の変容 : EPUの設立とポンド・スターリング 奥田 宏司
アメリカ外交のイデオロギー : 「現実主義」論批判 川本 謙一
マーシャル・プランとジョージ・F・ケナンのヨーロッパ統合構想 佐藤 信一
冷戦政策と国内政治 : アメリカ・リベラル派の分裂と再編 安藤 次男
国際連合の設立と軍縮問題 杉江 栄一
戦後イギリスのヨーロッパ統合論 : その転換点としてのポンド切り下げ 太田 正登
戦後世界政治の視点 : ヴァンデンバーグと超党派冷戦外交の助走 福田 茂夫
第2次世界大戦と南アジア : 「インドを立ち去れ」運動(1942年) 桑島 昭
第2次世界大戦の全面勝利 汪鴻祥, 金国康, 櫻井 龍彦, 兪 正梁
超党派外交の成立 : 共和党とデューイ=ダレス=ハル協定(1944年)をめぐって 斉藤 勝弥
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想