スタンダールの復活 : 革命・社会・文学

岡田直次 著

生前読まれることなかった"時代の先駆者"がその没後、熱狂的な読者を獲得してゆく軌跡を、19世紀フランス史の激流のなかに辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 予言
  • 第1章 「赤」と「黒」の歴史-大革命から七月革命まで(フランス革命とスタンダール
  • ナポレオンとスタンダール
  • 王政復古-「黒」の時代
  • 『赤と黒』の成立)
  • 第2章 ブルジョワ貴族の覇権-7月革命から2月革命まで(ブルジョワ王政の時代
  • ビュシエールの『スタンダール論』-大いなる逆説家
  • 7月王政下のパリ)
  • 第3章 フランス最後の宮廷-第2帝政(華のパリ
  • レアリスム論争
  • エルム・カロの『スタンダール論』-大罪人ジュリアン
  • テーヌの『スタンダール論』-優れた精神)
  • 第4章 パリ庶民の叙事詩-第三共和国と自然主義(ジャーナリスト=ゾラ
  • 『居酒屋』まで
  • ゾラの『スタンダール論』-形而上的青年)
  • 第5章 英雄待望の時代-世紀末の第三共和国(ドイツの脅威
  • ブーランジェ将軍事件
  • ブールジェの『スタンダール論』-社会反逆者ジュリアン
  • ジュリアンの真実)
  • エピローグ ダンディからスノブまで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スタンダールの復活 : 革命・社会・文学
著作者等 岡田 直次
書名ヨミ スタンダール ノ フッカツ
シリーズ名 NHKブックス 549
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1988.4
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4140015497
NCID BN02309060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88037637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想