日本のセメント

杉下捨三 著

[目次]

  • 目次
  • 1 近代文明とセメント / 9
  • 一 人類の発達と土木建設
  • 二 セメントの役割り
  • 2 セメントの意味 / 15
  • 3 ポルトランド・セメントの発明 / 19
  • 一 ジョン・スミートン
  • 二 ジョセフ・アスプディン
  • 4 セメントの特性 / 24
  • 一 硬化力がひじょうに大きい
  • 二 造形が自由自在である
  • 三 耐火・耐腐・耐震性である
  • 四 使用法が簡単で運搬がたやすい
  • 五 大量に製造される
  • 5 セメントの種類 / 36
  • 一 セメントの分類
  • 二 セメントの種類
  • 6 日本のセメント工業 / 46
  • 一 セメント工業の創業
  • 二 官営工場から民営工場へ
  • 三 セメント工業のあゆみ
  • 四 世界における地位
  • 五 セメント会社とセメント工場
  • 六 セメント工場の立地条件
  • 7 セメントの原料と燃料 / 68
  • 一 セメントの原料
  • 二 わが国の石灰石
  • 三 石灰石の採掘
  • 四 原料貯蔵庫
  • 五 セメントの燃料
  • 8 セメントの製造 / 86
  • 一 三つの工程
  • 二 原料工程(乾式法)
  • 三 原料工程(湿式法)
  • 四 焼成工程
  • 五 回転窯(ロータリー・キルン)
  • 六 焼塊(クリンカー)の冷却
  • 七 竪窯(シャフト・キルン)
  • 八 焼塊(クリンカー)置場
  • 九 仕上げ工程
  • 一〇 製造設備のほかの主要設備
  • 9 セメントの需要と供給 / 119
  • 一 セメント需要の動き
  • 二 鉄骨・鉄筋コンクリート
  • 三 セメントの地区交流
  • 四 セメントの容器
  • 五 セメントのばら積み
  • 六 セメントの輸送
  • 七 セメント包装工場
  • 八 生コンクリート
  • 九 セメントの輸出
  • 10 セメントの用途 / 146
  • 一 セメントは国土の強壮剤
  • 二 建築
  • 三 土木
  • 四 道路・橋梁
  • 五 港湾
  • 六 電力
  • 七 鉄道
  • 八 農村
  • 11 セメント製品 / 179
  • 一 セメント製品
  • 二 セメント瓦
  • 三 厚型スレート
  • 四 石綿スレート
  • 五 石綿セメント管
  • 六 遠心力鉄筋コンクリート管
  • 七 鉄筋コンクリート管
  • 八 空胴コンクリート・ブロック
  • 九 木毛セメント板
  • 一〇 ドリゾール
  • 一一 遠心力鉄筋コンクリートポールと同じくパイル
  • 一二 プレストレスト・コンクリート
  • 一三 道路用コンクリート製品
  • 一四 テラゾー
  • 一五 鉄筋コンクリート組み立て塀
  • 一六 鉄筋コンクリート組み立て土止め
  • 一七 サーモコン
  • 12 日本のセメント工業の創業につくした人びと / 205
  • 一 宇都宮三郎
  • 二 浅野総一郎
  • 三 笠井順八
  • 13 日本のセメント工業年表 / 212
  • さくいん / 1
  • 海岸にめんしたセメント工場。(表表紙)
  • 原石山にあるセメント工場。(裏表紙)
  • 近代セメント工場。(多色刷口絵)
  • コンクリート断面。(二色中扉)
  • 1 採石・グロリーホール法。
  • 2 クリンカーの電子顕微鏡写真。
  • 3 世界一位のセメント輸出。
  • 4 5 巨大な回転窯。(ロータリー・キルン)
  • 6 7 いろいろな部門に使われるセメント。
  • 8 コンクリートブロックの製造。遠心力鉄筋コンクリート、ボールの製造。
  • セメント製造工程図。(表見返し)
  • セメント工場・包装所分布図。(裏見返し)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本のセメント
著作者等 杉下 捨三
書名ヨミ ニホン ノ セメント
書名別名 Nihon no semento
シリーズ名 少年産業博物館 ; 24
出版元 ポプラ社
刊行年月 昭和37
ページ数 218p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45025978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想