夏を越した映画 : 戦争・ホラー・SF・アニメ

吉本隆明 著

刺激的な視覚像の速度と未知への挑戦を求める究極(ハイパー)映像論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宇宙フィクションについて
  • 幼児性の勝利-「E・T」をめぐって
  • ふたつのポルノ映画まで
  • 恐怖・不安・孤独-近未来と恐怖映画
  • ふた色の映画
  • 「大菩薩峠」
  • 「純愛物語」
  • 「風前の灯」
  • 「夜の牙」
  • 「戦場のメリークリスマス」
  • 現在の名画の条件
  • 夏を越した映画
  • 異論を介しての「火まつり」
  • 「それから」という映画
  • 傾面の映画-「山の焚火」
  • 映画的表現とは何か
  • 「地下水道」の意義(山本薩夫/吉本隆明)
  • 戦争体験とアジア神聖帝国(小川徹/吉本降明)
  • 最近の映画について(小川徹/吉本隆明)
  • 最近の映画をめぐって(小川徹/吉本隆明)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夏を越した映画 : 戦争・ホラー・SF・アニメ
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ ナツ オ コシタ エイガ
出版元 潮出版社
刊行年月 1987.8
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4267011559
NCID BN01889952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88029765
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想