PASCAL

K.イェンゼン, N.ヴィルト 著 ; 原田賢一 訳

本書は、プログラミング言語Pascalの提案者であるヴィルトによるPascalの原典として定評のある原書第3版の邦訳である。内容は、Pascalを平易に説明した解説書と、文法を簡潔にまとめた報告書の2部から構成され、この版では、ISO規格に準拠して全面的に改訂されている。これまでの版の読みやすさと簡潔さをほとんどそのまま受け継ぎ、また付録には、規格の制定に伴う変更点の要約を載せるなど、前版の読者への便宣も考慮している。Pascalについて学び、Pascalを使いたいと望んでいる人たちにとっての標準の教科書として、また実際のプログラミングの参考書として好適である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 解説書-Pascal入門(記法
  • データの概念
  • プログラム頭部と宣言部
  • レコード型
  • 集合型
  • ファイル型 ほか)
  • 第2部 報告書-Pascal文法(言語の概要
  • 記法と用語
  • 記号と記号分離子
  • 定数
  • ブロック、有効範囲および駆動 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 PASCAL
著作者等 Jensen, Kathleen
Mickel, Andrew B
Miner, James F
Wirth, Niklaus
原田 賢一
マイナー J.F.
ミケル A.B.
ヴィルト N.
イェンゼン K.
書名ヨミ パスカル
書名別名 PASCAL,user manual and report. 3rd ed
シリーズ名 情報処理シリーズ 2
出版元 培風館
刊行年月 1988.1
版表示 第3版.
ページ数 243p
大きさ 22cm
ISBN 4563014621
NCID BN0177931X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88016951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想