あすの日本語のために

梅棹忠夫 著

国立民族学博物館長、民族学者梅棹忠夫の提言。ローマ字の再評価や、関西語第二標準語論など、日本語にあたらしい活力をもたらす方策をさぐる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ローマ字の時代
  • つりのことば
  • はじめてローマ字で論文をかくひとのために
  • ラーバとニンフ
  • 日本の科学と日本のことば
  • インドできいた日本語
  • アジアにおけるローマ字
  • 日本語のローマ字表記をめぐって
  • ことばの手帳
  • ことばの風景
  • 日本語にみる近代化
  • 現代における国語と国語教育
  • 「講座 正しい日本語」に期待する
  • 「岩波講座日本語」-ふたつの期待
  • 第二標準語論
  • いかが関西語版
  • あたらしい標準語はのぞめないか?-「関西標準語」を提唱する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あすの日本語のために
著作者等 梅棹 忠夫
書名ヨミ アス ノ ニホンゴ ノ タメニ
シリーズ名 くもん選書
出版元 くもん
刊行年月 1987.12
ページ数 257p
大きさ 19cm
ISBN 4875763956
NCID BN01739009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88015213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想