生物科学の新しい展開

「科学」編集部 編

生物科学の研究は1980年代に入り大きく変貌した。70年代に培われた遺伝子組換えなどの分子生物学的技術を用いて、真核生物の複雑・多様な生命現象を統一的・総合的に理解する方向に展開している。本書は、細胞の仕組から、発生、分化、形態形成、進化まで、雑誌『科学』に掲載された日本の代表的研究者の論文25篇を収録したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 虫のつくり方1-線虫で何がわかるか
  • 虫のつくり方2-線虫で何がわかるか
  • C.エレガンスの分子生物学
  • ショウジョウバエの形態形成遺伝子
  • ショウジョウバエの筋タンパク遺伝子
  • 絹タンパク質の生合成
  • ミオシン遺伝子の発現制御と筋細胞の分化
  • 筋肉の分化-筋タンパク質の多型性と可変性
  • 生きもののしたたかさ1-発生研究35年
  • 生きもののしたたかさ2-発生研究35年
  • 動物体のパターン形成と細胞接着分子
  • 卵の中のよそ者DNA-特に核様体の形成について
  • カエル初期胚のパターン形成-正常な胚になるための条件
  • 哺乳類の発生の起原を探る
  • いまなぜ酵母か-真核生物のモデルとして
  • 酵母遺伝子の転写制御-細菌とどう違うか
  • 酵母の性転換-カセットの差し換えによる遺伝子の規則的変換
  • 核分裂するミトコンドリア-生物増殖の原型をもとめて
  • ミトコンドリアの生合成
  • プロテインキナーゼCの研究とその展望
  • 細胞膜の機能脂質
  • がん遺伝子
  • 発がんの仕組みを考える-突然変異の視点から
  • がんと発生と分化とをつなぐ遺伝子群
  • 古細菌の進化的位置
  • 細胞共生進化説と単位膜の一般則
  • 細胞はなぜ共生を好むか-アブラムシの細胞内共生微生物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物科学の新しい展開
著作者等 科学編集部
書名ヨミ セイブツ カガク ノ アタラシイ テンカイ
書名別名 分子から細胞へ

Seibutsu kagaku no atarashii tenkai
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.10
ページ数 253p
大きさ 26cm
ISBN 400005564X
NCID BN01551140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88006524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想