人々のイスラーム : その学際的研究

片倉もとこ 編

中東の人々を支えるイスラームの現実の姿を初めて明らかにする画期的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「人々のイスラーム-その学際的研究」の意味(片倉もとこ)
  • 現代イスラームにおける宗教勢力と政治的対立(小杉泰)
  • 現代エジプトの宗教事情(佐藤次高)
  • イスラームと社会不満(加納弘勝)
  • イスラームの無利子金融の理論と実際(石田進)
  • イスラームは歴史のなかで何を棄てたか(後藤晃)
  • 現代のイスラームの諸動向の地域間比較(加賀谷寛)
  • イスラームの聖者論(中村広治郎)
  • 近代エジプトにおけるスーフィー教団について(古林清一)
  • イランの民間信仰の聖所をめぐって(上岡弘二)
  • 12イマーム派シーア主義におけるイマーム・アリーの位置について-イラン人ムスリムの場合(嶋本隆光)
  • トルキスタンの聖者-トルクメンにおけるイシャーン信仰の一断面(山内昌之)
  • ヴェールの隠すものと顕わすもの-集合表象としてのヴェール(宮治美江子)
  • あご髭とヴェール(大塚和夫)
  • イスラームの生活と遊び-イランの場合(岡田恵美子)
  • エジプトの小説に見るイスラームの一側面-ユーセフ・イドリースの作品を中心に(如田原睦明)
  • 村騒動の1日-国王権力とマーレキと農民のあいだ(大野盛雄)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人々のイスラーム : その学際的研究
著作者等 上岡 弘二
中村 広治郎
佐藤 次高
加納 弘勝
加賀谷 寛
古林 清一
大塚 和夫
大野 盛雄
奴田原 睦明
宮治 美江子
小杉 泰
山内 昌之
岡田 恵美子
嶋本 隆光
後藤 晃
松原 正毅
板垣 雄三
森本 公誠
永田 雄三
池田 修
片倉 もとこ
石田 進
書名ヨミ ヒトビト ノ イスラーム
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1987.9
ページ数 542p
大きさ 20cm
ISBN 4140091185
NCID BN0139150X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87057849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「人々のイスラーム--その学際的研究」の意味 : 序 片倉 もとこ
あご髭とヴェール : 衣装からみた近代エジプトのイスラーム原理主義 大塚 和夫
イスラームと社会不満 : 社会学的考察 加納 弘勝
イスラームの無利子金融の理論と実際 石田 進
イスラームの生活と遊び : イランの場合 岡田 恵美子
イスラームの聖者論 中村廣治郎
イスラームは歴史のなかで何を棄てたか 後藤 晃
イランの民間信仰の聖所をめぐって : その理解のための仕分けの試み 上岡 弘二
エジプトの小説に見るイスラームの一側面 : ユーセフ・イドリースの作品を中心に 奴]田原睦明
トルキスタンの聖者 : トルクメンにおけるイシャーン信仰の一断面 山内 昌之
ヴェールの隠すものと顕すもの : 集合表象としてのヴェール 宮治 美江子
人々のイスラーム : 座談会 片倉もとこ司会, 板垣 雄三
十二イマーム派シーア主義におけるイマーム・アリーの位置について : イラン人ムスリムの場合 嶋本 隆光
村騒動の一日 : 国王権力とマーレキと農民のあいだ 大野 盛雄
現代のイスラーム諸動向の地域間比較 : 一試論 加賀谷 寛
現代イスラームにおける宗教勢力と政治的対立 : エジプトに見る「伝統」と「革新的回帰」 小杉 泰
現代エジプトの宗教事情 : カイロ・タンター・ファイユーム 佐藤 次高
近代エジプトにおけるスーフィー教団について 古林 清一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想