平安朝文学の色相 : 特に散文作品について

伊原昭 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 序説
  • 平安朝の散文作品における色彩の特性 / 3
  • 各論
  • 土左日記の色彩表現 / 27
  • くれなゐのなみだ-宇津保物語における- / 46
  • 服色の表現-宇津保物語における- / 70
  • 色彩の対比的表現-枕草子における- / 84
  • 色彩に対する一態度-枕草子における- / 101
  • 自然物象の色彩の描写-源氏物語と枕草子と- / 119
  • 色紙と文付枝の配色-特に源氏物語について- / 139
  • 紫の象徴-源氏物語における- / 161
  • 色によるすがた・かたちをとおしてみた人物造型への一態度-源氏物語における- / 180
  • 墨染の美-源氏物語における- / 203
  • 墨蹟の光輝の発見-源氏物語における- / 236
  • 〝なまめかし〟の色彩世界 / 250
  • 服色の色調とその情動 / 290
  • 付表
  • I 色名一覧 / 339
  • II 対象物象及び色種一覧 / 385
  • 本書が典拠とした主な文献
  • 本書所収論文発表誌
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 平安朝文学の色相 : 特に散文作品について
著作者等 伊原 昭
書名ヨミ ヘイアンチョウ ブンガク ノ シキソウ : トクニ サンブン サクヒン ニ ツイテ
出版元 笠間書院
刊行年月 1967
ページ数 407p
大きさ 22cm
NCID BN07513392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67008100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想