白夜のラプランドへ

森本ヤス子, 小山内富子 著

緑の森と宝石をちりばめた湖との国フィンランド。カレワラ研究の権威森本覚丹氏の夫人ヤス子さんが、20年前にこの国を訪れて旧知に逢った。そして、サンタクロースの故郷ラップランドまで足を延ばした。その時の思い出と、こんど3人でまた出かけた小山内さんの旅日記と。これは極北の美しい便りです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ラプランドへ旅 森本ヤス子(ヘルシンキのコウホネン家
  • ヘイノーラ市のツーリッキ、コルピネン家
  • アフティの町
  • ワーシキイの湖
  • おみやげのこと
  • 家の中で迷子に
  • ケミの町
  • ロバニエミ ほか)
  • ラップランドへの旅-そして20年後 小山内富子(旅は道づれ
  • ワイナモイネンの国へ
  • 風にのって行く宅急便
  • 森と湖と小人たちと
  • キイトス
  • フィンランドの星 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白夜のラプランドへ
著作者等 小山内 富子
森本 ヤス子
書名ヨミ ビャクヤ ノ ラプランド エ
書名別名 Byakuya no rapurando e
出版元 かど創房
刊行年月 1987.1
ページ数 254p
大きさ 20cm
NCID BN0446606X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87053332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想