宮沢賢治

岡田純也 著 ; 福田清人 編

陸奥花巻の富裕な商家の長男として生まれた宮沢賢治は、家庭の仏教的雰囲気の中で成長し、思春期に受けた法華経の感動を生涯持ち続けた。すべての生物の究極の幸福を理想として掲げた賢治は、零細農民の困苦を見るにつけ、家業・商業主義に疑問を抱き、一時社会主義にも接近していった。そして、独居自耕自炊の生活にとび込み、ひたすら前近代的な東北農民の改革に奔走した。生前出版した近代詩史上独自の光彩を放つ心象スケッチ集『春と修羅』も、近代児童文学の傑作・童話集『注文の多い料理店』も、そのユニークさのゆえに文壇の評価をみるに至らなかった。法華経にうらづけられた明日の社会を目ざして猛進した賢治だったが、病魔が三十七歳の肉体を蝕んだ。不遇な一地方作家の清冽な生涯であった。

「BOOKデータベース」より

付: 参考文献

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1編 宮沢賢治の生涯(陸奥の少年時代-賢治文学の母胎
  • 懐疑と絶望に誘われて-文学的出発
  • あらゆる生物の幸福を索めて-膨張する心象世界
  • 心象スケッチの開花-詩人の自負
  • 献身と奉仕の中で-農村救済に奔走
  • 夢は枯野を-狂おしく調和を求めて)
  • 第2編 作品と解説(短歌
  • 無声慟哭
  • 小岩井農場
  • 和風は河谷いつぱいに吹く
  • ひとひはかなく
  • 雨ニモマケズ
  • 銀河鉄道の夜
  • グスコーブドリの伝記
  • 風の又三郎
  • かしはばやしの夜)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第一編 宮沢賢治の生涯
  • 陸奥の少年時代-賢治文学の母胎- / 8
  • 懐疑と絶望に誘われて-文学的出発- / 31
  • あらゆる生物の幸福を索めて-膨張する心象世界- / 49
  • 心象スケッチの開花-詩人の自負- / 70
  • 献身と奉仕の中で-農村救済に奔走- / 102
  • 夢は枯野を…-狂おしく調和を求めて- / 135
  • 第二編 作品と解説
  • 短歌 / 146
  • 無声慟哭 / 156
  • 小岩井農場 / 163
  • 和風は河谷いつぱいに吹く / 167
  • ひとひはかなく / 171
  • 雨ニモマケズ / 173
  • 銀河鉄道の夜 / 175
  • グスコーブドリの伝記 / 187
  • 風の又三郎 / 195
  • かしはばやしの夜 / 201
  • 年譜 / 206
  • 参考文献 / 209
  • さくいん / 210

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宮沢賢治
著作者等 岡田 純也
福田 清人
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ
シリーズ名 センチュリーブックス. 人と作品 ; 14
出版元 清水書院
刊行年月 1966
版表示 新装版
ページ数 210p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-389-40108-5
全国書誌番号
67009625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想