太平洋戦争への道 : 開戦外交史  1 (満州事変前夜)

日本国際政治学会太平洋戦争原因研究部 編著

日本はどのようにして戦争への道を進んでいったのか-。膨大な史料を駆使し、真因を追求した必読の研究。要望に応え復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海軍軍縮条約(大陸政策と日米関係
  • ワシントン体制と日本
  • ロンドン条約の成立
  • ロンドン条約と統帥権問題
  • 悲劇への序曲)
  • 第2編 対ソ政策の推移と満蒙問題(対外政策の喪失とシベリア出兵
  • ワシントン体制と対外政策の混迷
  • 対ソ政策と日ソ国交の樹立
  • 中ソ接近と満蒙問題)
  • 第3編 満州事変前史(田中外交
  • 第2次幣原外交
  • 陸軍と満蒙
  • 柳条湖事件の勃発)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争への道 : 開戦外交史
著作者等 小林 幸男
小林 竜夫
日本国際政治学会
日本国際政治学会太平洋戦争原因研究部
関 寛治
日本国際政治学会・太平洋戦争原因研究部
書名ヨミ タイヘイヨウ センソウ エノ ミチ
書名別名 満州事変前夜
巻冊次 1 (満州事変前夜)
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1987.7
版表示 〔新装版〕
ページ数 499, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4022557419
NCID BN01422476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87045718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想