土地利用方式論 : 日本的土地利用の方向

梶井功 編著

[目次]

  • 第1部 わが国における土地利用方式の諸問題(土地利用方式論序説
  • 水田利用方式の展開
  • 畑利用方式の展開
  • 田畑輪換の展開過程と成立条件
  • 集団的土地利用方式)
  • 第2部 主要畑作地帯における土地利用方式の展開(北海道における土地利用方式の展開
  • 東北地方における畑利用方式の展開
  • 関東地域における畑利用方式の展開
  • 九州における畑利用方式の展開と構造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土地利用方式論 : 日本的土地利用の方向
著作者等 七戸 長生
中島 紀一
八巻 正
吉田 英雄
和田 照男
堀籠 謙
大泉 一貫
岩元 泉
工藤 昭彦
斎藤 修
木村 伸男
杉本 文三
梶井 功
酒井 惇一
長 憲次
書名ヨミ トチ リヨウ ホウシキロン
出版元 農林統計協会
刊行年月 1986.10
ページ数 392, 1p
大きさ 22cm
ISBN 4541008912
NCID BN00532730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87042729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想