肝臓病とつきあう本

塩田勝 著

肝臓病は"中流階級病"です!急カーブで増えている肝臓病は豊か社会の国民病ともいえます。完治が至難なこの慢性病の予防と対策の最新療法をこの一冊に網羅!特にいま病気でないお方一読を!「肝臓病」は殆ど自覚症状のないのが特徴!本書でまず現在進行中かどうかを確認し、そして上手な医者のかかり方を知ってください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 肝臓の働き
  • 肝臓病になりやすい人
  • 肝臓病の早期発見法
  • 肝臓機能の検査
  • 肝臓病の種類
  • 肝臓病の諸療法
  • 専門医のいる病院一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝臓病とつきあう本
著作者等 塩田 勝
加島 英雄
書名ヨミ カンゾウビョウ ト ツキアウ ホン
書名別名 早期発見法から専門病院の紹介最新食事療法から民間療法まで全調査!
シリーズ名 最新「健康セルフケア」シリーズ
バニー新書
出版元 心交社
刊行年月 1986.8
ページ数 170p
大きさ 17cm
ISBN 4915567613
全国書誌番号
87038048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想