原始人と現代文明

アルノルト・ゲーレン 著 ; 平野具男 訳

人間=欠陥動物=超動物。エントロピーの増大する現代文明のまっ只中に開口する、不気味な生の暗部を眼前に立ちすくむ現代人=原始人の魂は、いかにして生きるべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 制度(導入
  • 道具
  • 実験する行為
  • 超越
  • 習慣・習慣の外的支柱
  • 行為
  • 自己目的としての行為
  • 分業・制度
  • 制度・内部への波及
  • 制度による人間の内部定常化
  • 相互性
  • 背景充足
  • 描出現示における外界=定常化
  • 制度の責務内容
  • 衝動の事象化
  • 内部規範の生産性
  • 欲求方向定位
  • 定常的緊張
  • 文明条件下の自明性
  • 精神の問題
  • 生産性
  • 自然・既成事実的外界
  • 既成事実的内界・主観性
  • 古態の異質性)
  • 第2部 古態的文明の諸問題(設問
  • 真正(動物的)本能
  • 人間の本能
  • 意想外の知覚
  • 不特定の責務
  • 責務的命名
  • 描出儀礼
  • 儀礼のさらなるカテゴリー・命令
  • 三つの可能な世界像
  • 外界=賦活作用
  • 太古の魂概念
  • 祭祀的動物飼養
  • 血縁体=秩序
  • トーテミスム
  • 制度の虚構
  • 制度の虚構・2
  • 神話
  • 神話と歴史的意識
  • 呪術
  • 脱魂・陶酔・禁欲
  • 高文明の呪術)
  • 第3部 三つの行為様式と三つの世界観(自然宗教
  • 哲学の課題
  • 要約・展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原始人と現代文明
著作者等 Gehlen, Arnold
平野 具男
ゲーレン アルノルト
書名ヨミ ゲンシジン ト ゲンダイ ブンメイ
書名別名 Urmensch und Spätkultur. 2.Aufl
出版元 思索社
刊行年月 1987.3
ページ数 446p
大きさ 20cm
ISBN 4783511292
NCID BN01075667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87028545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想