経済学の考え方 : 原論体系の史的生成と展開をめぐって

時永淑 著

[目次]

  • 第1章 重商主義の時代(商人資本と重商主義思想
  • 経済学の発生と近代的自然法思想の台頭
  • スミスへの過渡的諸学説-ステュアートと重農学派)
  • 第2章 古典派経済学の時代(資本制生産方法の確立過程
  • アダム・スミスの経済思想
  • 『諸国民の富』の理論的性格
  • スミスからリカードへ
  • 古典派経済学の確立
  • リカード後のイギリス資本主義の発展
  • 古典派経済学の解体)
  • 第3章 『資本論』の成立-経済学批判とその体系化
  • 第4章 帝国主義の時代と経済学の理論的諸問題
  • 第5章 19世紀末以降の世界経済と経済学の多様化(ソ連の社会主義建設とロシア・マルクス主義、現代マルクス主義論の諸潮流の発生
  • 「近代経済学」の台頭とその諸潮流の変遷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の考え方 : 原論体系の史的生成と展開をめぐって
著作者等 時永 淑
書名ヨミ ケイザイガク ノ カンガエカタ
書名別名 Keizaigaku no kangaekata
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1987.3
ページ数 328p
大きさ 21cm
ISBN 458864114X
NCID BN0089161X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87027197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想