昭和農民始末

岩尾徹 著

有為転変・波瀾万丈の時代に身体をはって生きた"輝きと混迷"の昭和の農民!戦後の新しい農業体制のもと、米の増産・開拓・新種作物の開発、そして農村の民主化・近代化と、厳しいなかにも農民は輝いていた。それが、都市化・工業化の波に押しやられ、公害・過疎化にくるしみ、減反政策の追い討ちにあう。日本列島各地にみる昭和農民模様。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 酸素テントの農業
  • 都市化の功罪
  • 過疎とリンドウ
  • 出稼ぎのむらから
  • 異端の米づくり
  • 土と人のイノベーション
  • ブランドを創る
  • 栄光の夢のあと
  • 選ばれた農民たち
  • 離島苦を生きる
  • 大地に祈る
  • 昭和農民考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和農民始末
著作者等 岩尾 徹
書名ヨミ ショウワ ノウミン シマツ
書名別名 Showa nomin shimatsu
シリーズ名 常民叢書 20
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1987.3
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 4818801364
NCID BN0085697X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87023820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想