UNIX原典 : AT&Tベル研のUNIX開発者自身によるUNIX公式解説書

AT&Tベル研究所 編 ; 長谷部紀元, 清水謙多郎 訳

本書は、UNIXというAT&Tベル研究所の商標をもつオペレーティング・システムに関する論文を特集したテクニカル・ジャーナルの第2版である。UNIXオペレーティング・システムは、1969年にK.ThompsonとD.M.Ritchieにより発案された。その後の発展は、業界においても学界においても、まさに目を見張るものがある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • UNIXタイム・シェアリング・システムの発展
  • UNIX環境におけるプログラム設計
  • Blit-多重化されたグラフィクス端末
  • BlitによるCプログラムのデバッグ
  • UNIXオペレーティング・システムの安全性
  • UNIXシステムのcryptコマンドにおけるファイルの安全保障
  • Cの発展-過去と未来
  • Cにおけるデータ抽象化
  • マルチプロセッサUNIXオペレーティング・システム
  • システム/370のUNIXの実現
  • UNIXの移植の経験
  • UNIXの性能の進展
  • 命令計数によるプロファイリング
  • 実用的な整列ルーチンを構成する際の理論と実際
  • 適正割当てスケジューラ
  • 仮想プロトコル・マシン
  • UNIXが稼働するコンピュータのネットワーク
  • ストリーム入出力システム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 UNIX原典 : AT&Tベル研のUNIX開発者自身によるUNIX公式解説書
著作者等 AT & T Bell Laboratories
AT&Tベル研究所
清水 謙多郎
石田 晴久
長谷部 紀元
清水 謙太郎
書名ヨミ ユニックス ゲンテン
書名別名 The UNIX system

Yunikkusu genten
出版元 パーソナルメディア
刊行年月 1986.11
ページ数 393p
大きさ 22cm
ISBN 4893620142
NCID BN00648542
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87023280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想