マス・コミュニケーション概論

清水英夫 [ほか]共著

情報化時代の主役-広範囲にわたるマスコミを要領よく整理するとともに、複雑で流動的な内容を今日的視点でとらえた最新の概論書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 現代社会とマス・コミュニケーション
  • 第1章 コミュニケーションの理論(マス・コミュニケーションの機能
  • マス・メディアの利用)
  • 第2章 ジャーナリズムの特徴(ジャーナリストの使命
  • アカデミズムとジャーナリズム
  • ニュースの特性)
  • 第3章 世論とマスコミ(世論
  • 宣伝
  • 広告
  • PR)
  • 第4章 産業としてのマス・メディア(新聞産業
  • 放送産業
  • 出版産業
  • その他のメディア産業)
  • 第5章 表現の自由と責任
  • 表現の自由の意味と役割(表現の自由の保障
  • 報道の自由と知る権利
  • マス・メディアの責任)
  • 第6章 世界のマス・メディア(英米のマスコミ
  • 西欧諸国のマスコミ
  • ソ連のマスコミ
  • 発展途上地域のマスコミ)
  • エピローグ 情報化社会に向かって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マス・コミュニケーション概論
著作者等 川中 康弘
林 伸郎
武市 英雄
清水 英夫
書名ヨミ マス コミュニケーション ガイロン
書名別名 Masu komyunikeshon gairon
出版元 学陽書房
刊行年月 1987.3
版表示 改訂新版
ページ数 235p
大きさ 21cm
ISBN 4313410163
NCID BA49310480
BN00946813
BN11773626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87022256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想