昭和はじまる

松島栄一, 武者小路穣 編 ; 池田浩彰 さしえ

[目次]

  • 目次
  • 「昭和」の誕生
  • 光文さわぎ / 10
  • 地下鉄のきっぷ / 14
  • 昭和の子ども / 18
  • 満州の大元師張作霖の死
  • 馬隊あがりの大元師 / 22
  • 鉄道建設の交渉 / 26
  • 大元師のさいご / 32
  • 太陽のない町
  • 電車をとめろ! / 40
  • 不景気かぜ / 43
  • 警官につれさられた父 / 45
  • モスリン工場でも / 49
  • かなしい町 / 53
  • うえる農村
  • まゆのねだん / 58
  • とれすぎた米 / 60
  • 帰ってきた兄 / 63
  • 青い田を売る / 66
  • まつ皮のもち / 70
  • 売られゆくむすめたち / 72
  • 食堂車の中で / 76
  • ばくだん三勇士
  • 廟行鎮 / 82
  • 上海にあがった戦火 / 86
  • はかい筒をだいて / 89
  • ああ、肉だん / 90
  • 国民のかがみ / 94
  • のちになって / 96
  • 満州国の独立
  • 黄竜の旗 / 100
  • 大清皇帝 / 101
  • 満州事変 / 108
  • 満州国執政 / 114
  • 問答無用うて!
  • 話せばわかる / 120
  • 首相の死 / 122
  • 二組みの軍人たち / 125
  • 昭和維新 / 128
  • あたらしい内閣 / 131
  • 英雄たち / 135
  • さようなら国際連盟!
  • レマン湖の水 / 140
  • 松岡全権 / 143
  • ガラスの間 / 145
  • さいごの努力 / 148
  • 四十二対一 / 151
  • さようなら / 154
  • あたらしい教科書
  • ふるいかばん / 158
  • よい日本人 / 160
  • サクラ読本 / 164
  • 五月のあらし / 169
  • 丹那トンネル
  • くずれる土砂 / 174
  • よみがえる勇気 / 176
  • 「つばめ」に乗って / 179
  • 海にセメントを / 182
  • ばんざーい / 186
  • 科学の光
  • ふたりの学生 / 190
  • 中間子の発見 / 191
  • すぐれた力をうけついで / 195
  • とざされた科学の世界 / 196
  • 科学を兵器に / 199
  • あらしの中で / 201
  • ノーベル賞 / 204
  • かがやくいちょう / 206
  • 二月二十六日の朝
  • 雪の朝 / 210
  • その前夜 / 214
  • クーデター / 221
  • 兵に告ぐ / 227
  • 新議事堂はできたが
  • 永田町のおかに / 234
  • 十六年めの完成 / 236
  • 軍人のおうぼう / 239
  • はらを切れ! / 242
  • 近衛首相に / 245
  • 戦争の足音 / 247
  • はじめに / 1
  • 失敗の体験をつたえよう・武者小路穣 / 251
  • 年表 / 257

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 昭和はじまる
著作者等 松島 栄一
武者小路 穣
池田 浩彰
書名ヨミ ショウワ ハジマル
シリーズ名 昭和の日本 ; 1
出版元 盛光社
刊行年月 1967.3(再版:1967.5)
ページ数 262p
大きさ 22cm
全国書誌番号
20258569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想