構造信頼性 : 理論と応用

P.トフークリステンセン, M.J.ベイカー 著 ; 室津義定 監訳

構造信頼性理論の主要な要素をまとめた書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 構造工学における不確定性の取り扱い
  • 第2章 確率論の基礎
  • 第3章 荷重や強度に関する確率モデル
  • 第4章 構造信頼性理論の基礎
  • 第5章 レベル2法
  • 第6章 拡張レベル2法
  • 第7章 構造システムの信頼性
  • 第8章 構造システムに対する信頼度限界値
  • 第9章 確率過程論とその利用
  • 第10章 荷重の組み合わせ
  • 第11章 構造設計基準への適用
  • 第12章 固定式海洋構造物への応用
  • 第13章 信頼性理論と品質保証

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構造信頼性 : 理論と応用
著作者等 Baker, Michael J.
Baker, Michael John
Thoft-Christensen, Palle
室津 義定
ベイカー M.J.
トフ・クリステンセン P.
書名ヨミ コウゾウ シンライセイ
書名別名 Structural reliability theory and its applications
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1986.5
ページ数 276p
大きさ 27cm
ISBN 4431705058
NCID BN00435235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87013772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想