技術時代の魂の危機 : 産業社会における人間学的診断

アルノルド・ゲーレン 著 ; 平野具男 訳

産業技術時代の真只中において人類は、核の恐怖・自然破壊を言うまでもなく未曾有の危機に直面している。繁栄する文明世界に深々と開口する地獄を覗いて立ちすくむ現代人の魂はいかに生きるべきか。主著『人間』で明快に展開された《人間=欠陥=超動物》論を踏まえてゲーレンが真摯に問う実践的指標。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間と技術
  • 第2章 新しい文明現象
  • 第3章 社会心理学的証拠
  • 第4章 新しい主観主義
  • 第5章 世紀の地平
  • 第6章 文明の危機的時代
  • 第7章 社会心理学と精神分析
  • 第8章 自動機構
  • 第9章人格

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 技術時代の魂の危機 : 産業社会における人間学的診断
著作者等 Gehlen, Arnold
平野 具男
ゲーレン アルノルト
書名ヨミ ギジュツ ジダイ ノ タマシイ ノ キキ
書名別名 Die Seele im technischen Zeitalter
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1986.12
ページ数 216p
大きさ 20cm
NCID BN00839697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87010743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想