ソフトウェアの経理と法律 : 税務処理から著作権法まで

中央会計事務所 編

研究開発費と原価はどう区別したらいいのか、ソフトウェア・ハウスに開発委託した場合の処理は?パッケージソフトの売上原価はどう計算するか、ソフトウェアのリースの処理は?プログラム複製物の所有者にはどんな権利があるか、などを、Q&Aで解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ソフトウェアとはなにか
  • 第1章 ソフトウェアの開発の経理
  • 第2章 ソフトウェアの原価計算
  • 第3章 ソフトウェアの売上の経理
  • 第4章 ソフトウェアの利用の経理
  • 第5章 ソフトウェアのその他の経理
  • 第6章 ソフトウェアの法律

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソフトウェアの経理と法律 : 税務処理から著作権法まで
著作者等 中央会計事務所
中央新光監査法人
書名ヨミ ソフトウェア ノ ケイリ ト ホウリツ
書名別名 Sofutoea no keiri to horitsu
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1986.10
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4532034078
NCID BN03281932
BN08747413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87004636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想