公共経済学

岸本哲也 著

経済学の再生と発展の可能性を模索する。「市場の限界」をめぐって、政府による自由市場経済への介入が正当化されるのか否か。従来の議論を一段と深めて、混合経済によるその修復の可能性を吟味し、さらに積極的に混合経済の理論的根拠を与えようとめざす意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由市場経済の帰結
  • 第2章 市場の限界
  • 第3章 公共財
  • 第4章 外部効果
  • 第5章 費用逓減産業
  • 第6章 所得分配
  • 第7章 政治過程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公共経済学
著作者等 岸本 哲也
書名ヨミ コウキョウ ケイザイガク
シリーズ名 有斐閣経済学叢書 12
出版元 有斐閣
刊行年月 1986.10
ページ数 216p
大きさ 22cm
ISBN 4641064725
NCID BN00556659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87003697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想