化粧品業界戦争の全貌

安田吉伸 著

制度品・一般品・訪販品の大小とりまぜ約2000社がひしめき苦闘する業界の現状から、左記の主要30社の経営実態問題点、不振打開の新戦略、大手市場を侵略する新興メーカーの動向、今後の展望まで…化粧品戦争の全貌を具体的にクローズアップした流通経済ルポ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 低迷する化粧品業界の全貌と不振打開策
  • 第2章 大手制度品メーカーの実態と経営戦略(大正12年以来の大改革を行わざるを得ない『資生堂』
  • 繊維に代わって会社を支えてきた化粧品の『カネボウ』
  • 男性化粧品市場を開拓し伸長著しい『小林コーセー』
  • 外資系大手『マックスファクター』)
  • 第3章 苦境に立つ訪販化粧品メーカーの実態と動向(企業イメージをこわさず中流品拡大に必死の『ポーラ化粧品』
  • 最大の転換期を迎えた『ノエビア化粧品』
  • 世界最大の化粧品メーカー『エイボンプロダクツ』)
  • 第4章 低迷脱出に躍起な各メーカーの実態と展望
  • 第5章 業界を撹乱する新興化粧品メーカーの動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化粧品業界戦争の全貌
著作者等 安田 吉伸
書名ヨミ ケショウヒン ギョウカイ センソウ ノ ゼンボウ
書名別名 喰うか喰われるか!

Keshohin gyokai senso no zenbo
出版元 青年書館
刊行年月 1986.4
版表示 改訂版
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 4791803566
NCID BA54572023
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87001782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想