荷風小説  4

永井壮吉 著

草双紙類御法度の天保期を舞台に、戯作者柳亭種彦の死を描いた「散柳窓夕栄」。嬌名を恣ままにし、後年自ら碑文を書いた笠森お仙を題材にとった「恋衣花笠森」。江戸の余薫を残す花柳界の掟と達引を纒綿として綴り、頽廃の美を追い求める一代の傑作「腕くらべ」など、大正初期の作品は荷風の真骨頂をうかがうにたる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荷風小説
著作者等 永井 荷風
書名ヨミ カフウ ショウセツ
書名別名 Kafu shosetsu
巻冊次 4
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.8
ページ数 441p
大きさ 20cm
ISBN 4000910647
NCID BN01025931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86051434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想