男の半分は女 : 「男人的一半是女人」

張賢亮 著 ; 北霖太郎 訳

"十年の動乱"と今、中国の人たちは、あの時代-"文化大革命"の時代を呼んでいる。隣の国で起こったこの大異変は、いったい何だったのか。この作品は、ある意味でそうした私たちの疑問に答えてくれている。つまり、作者はこの作品で、中国社会の最下層の人々を含めた幅広い中国の民衆の姿を借りて、実は文化の『革命』ならぬ、文明の破壊による、人間の精神の荒廃と魂の彷徨を描いた。この作品のもう一つのテーマは、愛と性、魂と肉体の相克という問題で、主人公・章永〓は、2度の離婚歴をもつ30代の女盛りの女性・黄香久との肉体的な交りを含む愛の生活を体験する。葦原での劇的な出逢いから、主人公の新しい生活への旅立ちを暗示する愛の終焉にいたるまで、作者はこの苦渋にみちた時代での愛の遍歴を通して、人間の愛のあり方、生きざまを真摯に模索し、探求している。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男の半分は女 : 「男人的一半是女人」
著作者等 北 霖太郎
張 賢亮
書名ヨミ オトコ ノ ハンブン ワ オンナ
書名別名 Otoko no hanbun wa onna
出版元 二見書房
刊行年月 1986.8
ページ数 331p
大きさ 19cm
ISBN 457686100X
NCID BN02008814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86050297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想