動物たちの話し声 : 音声とコミュニケーションの研究

マイケル・ブライト 著 ; 熊田清子 訳

彼らは何を話しているのか?仲間の声をどう聞きわけるのか?なぜ音声をつかうのか?動物の驚くべき多様な音声伝達能力を紹介し、そのしくみをさぐり、人間のことばの起源を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 コミュニケーション
  • 2章 クジラの歌
  • 3章 やさしい殺し屋
  • 4章 環境の制約
  • 5章 さえずりと地鳴き
  • 6章 さえずりの学習
  • 7章 母と子
  • 8章 危険を知らせる
  • 9章 最初の声
  • 10章 音で「見る」
  • 11章 器楽奏者
  • 12章 魚たち
  • 13章 昼に吠え、夜に叫び
  • 14章 霊長類のテリトリー
  • 15章 サルの鳴き声
  • 16章 動物にことばはあるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物たちの話し声 : 音声とコミュニケーションの研究
著作者等 Bright, Michael
熊田 清子
ブライト マイケル
書名ヨミ ドウブツタチ ノ ハナシゴエ
書名別名 Animal language

Dobutsutachi no hanashigoe
シリーズ名 自然誌選書
出版元 どうぶつ社
刊行年月 1986.6
ページ数 420p
大きさ 20cm
ISBN 4886222269
NCID BN00759011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86049905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想