荷風小説  2

永井壮吉 著

夢にまでみたパリの地を踏んだ荷風は、真っ先にモーパッサンの像に赴いた。フランスの風土がいかに青年の胸奥に深い影響を与えたことか-帰国後「ふらんす物語」で華々しい成功を収めるが、明治の皮相な文明開化に嫌悪の念を覚え、「新帰朝者日記」において荷風は決然として江戸情調の世界へと傾斜していく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荷風小説
著作者等 永井 荷風
永井 壮吉
書名ヨミ カフウ ショウセツ
書名別名 Kafu shosetsu
巻冊次 2
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.6
ページ数 485p
大きさ 20cm
ISBN 4000910620
NCID BN01025931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86043340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ふらんす物語 永井 壮吉
新帰朝者日記 永井 壮吉
曇天 永井 壮吉
歓楽 永井 壮吉
深川の唄 永井 壮吉
永井 壮吉
監獄署の裏 永井 壮吉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想