奥の細道 : 解釈と評論

松尾靖秋 著

[目次]

  • 解釈と評論 奥の細道
  • 目次
  • はしがき
  • 凡例
  • 解釈篇
  • 一 序 / 3
  • 二 杉風の別墅 / 7
  • 三 門出 / 19
  • 四 千住 / 25
  • 五 草加 / 30
  • 六 室の八島 / 36
  • 七 日光山の麓 / 43
  • 八 日光参詣 / 47
  • 九 黒髪山・曾良 / 51
  • 一〇 裏見の滝 / 55
  • 一一 那須の野越 / 58
  • 一二 黒羽・修験光明寺 / 64
  • 一三 雲巖寺(一) / 71
  • 一四 雲巖寺(二) / 76
  • 一五 殺生石 / 79
  • 一六 蘆野の里 / 84
  • 一七 白川の関 / 88
  • 一八 須賀川(一) / 94
  • 一九 須賀川(二) / 100
  • 二〇 あさか山 / 104
  • 二一 しのぶもぢ摺 / 109
  • 二二 佐藤庄司が旧跡 / 113
  • 二三 飯塚 / 118
  • 二四 伊達の大木戸 / 120
  • 二五 笠嶋 / 124
  • 二六 武隈の松 / 128
  • 二七 仙台 / 132
  • 二八 おくの細道・つぼの石ぶみ / 138
  • 二九 末の松山 / 145
  • 三〇 塩がまの明神 / 150
  • 三一 松嶋 / 154
  • 三二 雄島が磯 / 161
  • 三三 江上の宿 / 164
  • 三四 瑞巖寺 / 169
  • 三五 石の巻 / 172
  • 三六 平泉 / 179
  • 三七 光堂 / 188
  • 三八 尿前の関 / 194
  • 三九 最上の庄まで / 198
  • 四〇 屋花沢 / 202
  • 四一 立石寺 / 209
  • 四二 大石田 / 214
  • 四三 最上川 / 222
  • 四四 羽黒山 / 228
  • 四五 月山(一) / 239
  • 四六 月山(二) / 242
  • 四七 鶴が岡・酒田 / 248
  • 四八 象潟(一) / 255
  • 四九 象潟(二) / 261
  • 五〇 象潟(三) / 264
  • 五一 越後路 / 271
  • 五二 市振の関 / 279
  • 五三 那古の浦 / 285
  • 五四 金沢 / 288
  • 五五 小松 / 295
  • 五六 那谷 / 300
  • 五七 山中 / 304
  • 五八 曾良との別離 / 309
  • 五九 全昌寺 / 313
  • 六〇 汐越の松 / 316
  • 六一 丸岡(松岡)天龍寺・永平寺 / 318
  • 六二 福井 / 324
  • 六三 敦賀 / 329
  • 六四 種の浜 / 337
  • 六五 大垣 / 343
  • 跋 / 351
  • 付江戸時代の時刻法について / 354
  • 評論篇
  • 第一章 芭蕉の生涯 / 359
  • 第一節 出生 / 360
  • 第二節 致仕と江戸出府 / 363
  • 第三節 入庵とその後の生活 / 366
  • 第四節 終焉 / 376
  • 第二章 芭蕉の文学 / 380
  • 第一節 蕉風の成立 / 280
  • 第二節 芭蕉俳諧の本質 / 393
  • 第三節 「軽み」の特質とその背景 / 410
  • 第四節 芭蕉の虚実観とその実践 / 419
  • 第三章 奥の細道論 / 435
  • 第一節 奥の細道の性格 / 435
  • 第二節 奥の細道の諸本 / 450
  • 第三節 後の奥の細道 / 452
  • 第四節 表現上の特質 / 456
  • 第五節 研究資料 / 466

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 奥の細道 : 解釈と評論
著作者等 松尾 靖秋
書名ヨミ オク ノ ホソミチ : カイシャク ト ヒョウロン
シリーズ名 国文解釈評論叢書
出版元 開文社
刊行年月 1956
版表示 6版
ページ数 492p 図版 地図
大きさ 19cm
NCID BA33178646
BA40148452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56014472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想