肉蒲団

李笠翁 著 ; 足利光彦 訳

中国の一大奇書『金瓶梅』と並び称せられる本書は、未央生という好色な男の物語である。色白で優男の未央生は無類の女好き。頭の良さと特別仕立ての持ち物で、全国の美女たちを次から次へと篭絡する。魯迅も絶賛したといわれる本書は白話体小説の大傑作である。幻の名作の完訳本!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肉蒲団
著作者等 李 漁
足利 光彦
李 笠翁
書名ヨミ ニクブトン
シリーズ名 富士見ロマン文庫
出版元 富士見書房
刊行年月 1986.5
ページ数 2冊
大きさ 15cm
ISBN 4829121114
全国書誌番号
86039036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想