北里柴三郎

長木大三 著

怒涛の如き80年を見事生き抜いた北里柴三郎の研究と社会活動の跡をたどる。福沢諭吉やローベルト・コッホとの厚誼。幻のノーベル賞。学問の神聖を貫き敢然と独立。北里研究所・慶大医学部・日本医師会を創立した我が国現代医学の父 北里博士の全貌を伝える書

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 若き日の北里
  • ドイツへの旅
  • 日本に帰る
  • 福沢翁との出合い
  • 伝染病予防対策の確立
  • コッホの訪日
  • 医療行政へのとりくみ
  • 婦人問題について
  • 北里研究所の創立
  • コッホとパストールの頌徳
  • 晩年の北里

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北里柴三郎
著作者等 長木 大三
書名ヨミ キタザト シバサブロウ
書名別名 Kitazato shibasaburo
出版元 慶応通信
刊行年月 1986.4
版表示 五版
ページ数 159p
大きさ 22cm
ISBN 4766403436
NCID BA76270480
BN01274743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86035844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想