幻の神州一族

志茂田景樹 著

たしかにそれは猿人だった。コナラの林の中で、長い体毛に全身を覆われた怪物が全裸の女を襲っていたのだ。人跡まれな安曇野の奥地。鹿爪神四郎はこの山奥で育った。学校へも通わず、亡父から剣と手裏剣の術を教わった。教えた剣術は"シノムラの剣"、シノムラとは忍びの連の略だ、父はそれしか説明しなかった。神四郎が今は無人の生家を訪ねる気になったのは、2年間の都会生活に疲れたのと、「おまえはシンシュウ一族の統領になる身だ」と言われて育ったことの意味を知ろうと思ったからだった。安曇野の奥深く踏み入った彼は、猿人につづいて奇怪な集団に出会った。やがて彼は、記紀の昔から歴史の地下に生きる一族の秘密を知るのだが…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻の神州一族
著作者等 志茂田 景樹
書名ヨミ マボロシ ノ シンシュウ イチゾク
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1986.3
ページ数 314p
大きさ 15cm
ISBN 4041599067
NCID BN02586650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86031430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想