江戸の犯罪白書 : 十手・捕縄・御用提灯-百万都市の罪と罰

重松一義 著

天下太平の世の中で、悪の華咲く大江戸八百八町。火附・盗人・不義密通と、お尋ね者は後をたたない。町奉行から岡っ引まで、江戸の警察官・裁判官は罪人たちをいかに捕え、裁いたのか。御定書と人情のはざまで、おめこぼしはどのように行われたのか。江戸っ子たちの刑罰感覚を通して管理社会・江戸の素顔を抉り出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸の犯罪地図
  • 第2章 わるさと御仕置
  • 第3章 警察能力から見た江戸の町
  • 第4章 御定書の威力
  • 第5章 庶民の犯罪あれこれ
  • 第6章 精神障害者が問われた罪
  • 第7章 知能犯と愉快犯
  • 第8章 大騒動と大疑獄
  • 第9章 罪人たちの牢屋生活
  • 第10章 御赦免への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の犯罪白書 : 十手・捕縄・御用提灯-百万都市の罪と罰
著作者等 重松 一義
書名ヨミ エド ノ ハンザイ ハクショ
書名別名 Edo no hanzai hakusho
シリーズ名 21世紀図書館 71
出版元 PHP研究所
刊行年月 1986.3
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 4569217079
NCID BN01154504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86029501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想