ギリシア・ポリスの国家理念 : その歴史的発展に関する研究

合阪学 著

[目次]

  • 序説 都市国家と世界帝国-「自治と自由」誕生のオリエント的背景
  • 前篇 ポリス理念の形成と展開-デーモスからパトリオス・ポリーテイアまで(第1章 ポリス生成期のデーモスとアゴラ
  • 第2章 テュラニスとイソノミアの間-植民運動の"back influence"を中心に
  • 第3章 クレイステネース改革とデーモス
  • 第4章 前5世紀アテーナイ国家の一断面-ストラテーギアの発展に見る
  • 第5章 アテーナイの「寡頭派革命」について-ポリーテイア論の構成との連関
  • 第6章 スパルタ混合政論の確立と展開-エプォロス職の位置づけを中心に)
  • 中間考察 ポリス理念史の岐路としてのヘラス連盟(第1章 シュネドリオン考-「エイレーネー」の制度化とその限界
  • 第2章 ストラテーゴス・アウトクラトール考)
  • 後篇 ポリス理念の拡大と変容-「コイノンとしてのローマ帝国」に至る
  • 第1部 コイノン-拡大されたポリス理念
  • 第2部 ヘレニズム王権とポリス理念(第1章 コイノンの立場より見たるアンティゴノス王朝の性格
  • 第2章 セレウコス王朝に於ける植民運動と国家統一の問題)
  • 第3部 ローマ世界に於けるポリス理念(第1章 ギリシア=ローマ両国家理念の交錯-混合政論の推移に見る
  • 第2章 ポリス市民の描くローマ帝国像-その前提と達成
  • 結論 コイノンの発展のローマ的限界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア・ポリスの国家理念 : その歴史的発展に関する研究
著作者等 合阪 学
書名ヨミ ギリシア ポリス ノ コッカ リネン
出版元 創文社
刊行年月 1986.2
ページ数 574, 58p
大きさ 22cm
NCID BN00615292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86029409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想