クォークをさがす : 物質に最小単位はあるか

ブライアン・マッカスカー 著 ; 宮崎忠 訳

物質をどんどん小さく分けてゆけば、もうそれ以上分けられない最小単位にいきつくにちがいない…この発想から現代物理学がたどりついたのが、クォークである。従来の素粒子(陽子など)はクォークが集まってできているというのだ。しかし素粒子の中からクォークを取り出すことが、なかなかできない。そこで、クォークは閉じ込められていて単独には出てこない、という理論ができた。だが、本当に出てこないのか? そんなものが実際にあるのだろうか? 取り出せないものの存在をどうやって確認するのだろう?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 物質の構造
  • 奇妙な粒子
  • クォーク
  • 巨大加速器によるクォーク狩り
  • 自由クォーク粒子を求めて
  • 物質と宇宙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クォークをさがす : 物質に最小単位はあるか
著作者等 McCusker, Brian
宮崎 忠
マッカスカー ブライアン
書名ヨミ クォーク オ サガス
書名別名 The quest for quarks
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1986.2
ページ数 269, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4061326384
NCID BN00935249
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86028422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想