日本の旅名詩集  第5

足立巻一 等編

[目次]

  • 内海のほとり 岡山 広島
  • 美しい三人の姉妹 / 20
  • 公孫樹下にたちて / 24
  • 吉備の一夜 / 28
  • くらやしき / 30
  • 車窓で / 32
  • 森の沼 / 34
  • 流離抄 / 36
  • 火の記憶 / 38
  • やまかげのみち 鳥取 島根 山口
  • 旅愁 / 44
  • 鳥取砂丘にて / 46
  • 野分 / 48
  • 松江 / 50
  • 城下の町にて / 60
  • 湖心 / 51
  • 日の御崎村 / 56
  • 冬の長門峡 / 58
  • せとうち四国 徳島 香川 愛媛
  • 阿波の春 / 66
  • 撫養の鹽田 / 67
  • 海図 / 70
  • 海 / 72
  • 春の航海から / 74
  • 瀬戸内海 / 76
  • 伊豫の石手寺 / 78
  • 舞台 / 80
  • 法華津峠の讃美歌 / 82
  • 南風の土佐 高知
  • 室戸岬 / 88
  • 剣山詩篇・抄 / 90
  • 四萬十川 / 92
  • 足摺岬 / 94
  • 筑・肥野 福岡 佐賀
  • 関門海峡の詩 / 102
  • 博多那珂川の唄 / 106
  • なぜハンガリヤは二重の十字架をもつか / 109
  • 筑紫・都府楼趾にて / 112
  • 筑紫の奥 / 114
  • 離別 / 120
  • 柳河風俗詩 / 122
  • 菱の実採るは誰が子ぞや / 128
  • 有田皿山にて / 132
  • 唐津 / 136
  • 南蠻の風土 長崎熊本(I)
  • 有明海の思ひ出 / 142
  • 雲仙 / 144
  • 郷愁 / 148
  • 白い海 / 146
  • 海鳥 / 150
  • 海の中の故郷・抄 / 153
  • 對馬 / 154
  • 天草雅歌 / 156
  • あまくさ / 158
  • 火の山をめぐって 熊本(II)
  • 艸千里浜 / 164
  • 阿蘇山 / 166
  • 熊本花岡山 / 172
  • 孝女白菊の歌 / 175
  • 冬の小守唄 / 178
  • 故郷の廃家 / 182
  • いでゆと神話の古里 大分 宮崎
  • 熊野の磨崖仏 / 188
  • 鄙の歌 / 191
  • 九重の歌 / 194
  • 高千穂の峡谷 / 197
  • 乾いた街 / 200
  • 岬・一点の僕 / 204
  • 火の島山と南の島じま 鹿児島 沖縄
  • 漁港の空 / 214
  • 桜島 / 218
  • 八月の一夜 / 220
  • 薩南旅歌 / 223
  • 琉球相聞 / 240
  • 島に一本の大きな木が / 226
  • 奄美からの絵はがき / 230
  • 会話 / 234
  • 首里逍遙・抄 / 237
  • 山陰 山陽 四国 九州 文学散歩 / 244

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の旅名詩集
著作者等 足立 巻一
書名ヨミ ニホン ノ タビ メイシシュウ
書名別名 山陰・山陽・四国・九州
巻冊次 第5
出版元 三笠書房
刊行年月 1970
ページ数 261p 図版
大きさ 17cm
全国書誌番号
75004325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
山陰・山陽・四国・九州 宮崎修二朗
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想