私の古典と人生

伊藤昌哉 [ほか]著

人生の節目に「古典」あり! 各界で活躍する7人の著名人が、その半生を回顧しつつ、感銘深き書との出会いを味わい深く、ここに記す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "時代予見"の精神-ヴァレリー私論(伊藤昌哉)
  • 歴史は再びナポレオンを呼ぶ(両角良彦)
  • 生涯、一篇の詩に殉ず(松本和男)
  • 歴史の悲劇に沈黙せず(森本忠夫)
  • 公正こそ次代の国家原理だ(橋口収)
  • 贅沢の人間学(辻静雄)
  • さらば! 貧乏経済学(日下公人)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の古典と人生
著作者等 伊藤 昌哉
両角 良彦
日下 公人
松本 和男
森本 忠夫
辻 静雄
橋口 収
書名ヨミ ワタクシ ノ コテン ト ジンセイ
書名別名 行動哲学としての座右の書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1986.3
ページ数 215p
大きさ 20cm
ISBN 4569217184
NCID BN00800829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86025458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想