露伴全集  第35巻 (訳註水滸伝 第3)

幸田露伴 著 ; 蝸牛会 編

[目次]

  • 目次
  • 第四十七囘 撲天鵰雙修す生死の書、宋公明一たび祝家莊を打つ / 6
  • 第四十八囘 一丈靑單王矮虎を捉へ、宋公明兩び祝家莊を打つ / 23
  • 第四十九囘 解珍解寶雙んで獄を越え、孫立孫新大に牢を劫かす / 34
  • 第五十囘 吳學究雙び連環の計を掌り、宋公明三たび祝家莊を打つ / 51
  • 第五十一囘 插翅虎枷もて白秀英を打ち、美髯公誤りて小衙內を失ふ / 64
  • 第五十二囘 李逵殷天錫を打死し、柴進高唐州に失陷す / 79
  • 第五十三囘 戴宗智公孫勝を取り、李逵斧羅眞人を劈く / 94
  • 第五十四囘 入雲龍法を鬪はして高廉を破り、黑旋風穴を探りて柴進を救ふ / 113
  • 第五十五囘 高太尉大に三路の兵を興し、呼延灼連環馬を擺布す / 127
  • 第五十六囘 吳用・時遷をして甲を盜ましめ、湯隆・徐寧を賺して山に上らしむ / 140
  • 第五十七囘 徐寧鉤鎌鎗を使ふを敎へ、宋江大に連環馬を破る / 155
  • 第五十八囘 三山義に聚りて靑州を打ち、衆虎心を同じうして水泊に歸す / 170
  • 第五十九囘 吳用金鈴弔掛を賺し、宋江西嶽華山を鬧がす / 183
  • 第六十囘 公孫勝芒碭山に魔を降し、晁天王曾頭市に箭に中る / 197
  • 第六十一囘 吳用・智・玉麒麟を賺し、張順・夜・金沙渡を鬧がす / 211
  • 第六十二囘 冷箭を放つて燕靑王を救ひ、法場を劫かして石秀樓より跳る / 230
  • 第六十三囘 宋江・兵もて北京城を打ち、關勝・議して梁山泊を取る / 251
  • 第六十四囘 呼延灼月夜に關勝を賺し、宋公明雪天に索超を擒ふ / 265
  • 第六十五囘 托塔天王夢中に聖を顯はし、浪裏白跳水上に冤を報ず / 277
  • 第六十六囘 時遷・火・翠雲樓を燒き、吳用・智・大名府を取る / 289
  • 第六十七囘 宋江馬步三軍を賞し、關勝水火二將を降す / 301
  • 第六十八囘 宋公明夜曾頭市を打ち、盧俊義活けながらに史文恭を捉ふ / 316
  • 第六十九囘 東平府誤陷す九紋龍、宋公明義識す雙鎗將 / 330
  • 第七十囘 沒羽箭石を飛ばして英雄を打ち、宋公明糧を棄てゝ壯士を擒にす / 342
  • 第七十一囘 忠義堂に石碣天文を受け、梁山泊に英雄座次を排す / 352

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 露伴全集
著作者等 幸田 露伴
蝸牛会
書名ヨミ ロハン ゼンシュウ
書名別名 Rohan zenshu
巻冊次 第35巻 (訳註水滸伝 第3)
出版元 岩波書店
刊行年月 1955
ページ数 377p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
56009092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
雁坂越 幸田 露伴
鵞鳥 幸田 露伴
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想