陰徳太平記  4

[香川宣阿 著] ; 米原正義 校注

足利十代将軍義稙の襲職=延徳2年(1490)から、太閤秀吉病死により加藤清正以下が朝鮮半島から撤兵した慶長3年(1598)にいたる百十年間の近畿・中国・四国・九州を舞台とした波乱興亡!その時代に起きたさまざまな現象、あらゆる人々の生きざまなど万般にわたって詳解。'97NHK大河ドラマ『毛利元就』の原典。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陰徳太平記
著作者等 米原 正義
香川 宣阿
書名ヨミ イントク タイヘイキ
書名別名 正徳二年板本

Intoku taiheiki
巻冊次 4
出版元 東洋書院
刊行年月 1982.7
ページ数 342p
大きさ 22cm
全国書誌番号
86022971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想