中国古典文学全集  第30巻

[目次]

  • 目次
  • 児女英雄伝 下
  • 第二十六回 / 3
  • 燦舌如花 立所に俠気を消し
  • 慧心相印 頓かに良縁を悟る
  • 第二十七回 / 22
  • 践前言 奩を助けて情誼を伸べ
  • 復故態 嫁ぐに怯え嬌癡を作す
  • 第二十八回 / 39
  • 画堂花燭 頃刻春を生じ
  • 宝硯雕弓 大礼を完成す
  • 第二十九回 / 59
  • 証同心 姉妹は衷曲を談じ
  • 酬素願 翁媼は華筵に赴く
  • 第三十回 / 79
  • 開菊宴 双美は新郎を激し
  • 聆蘭言 一心に旧業を攻む
  • 第三十一回 / 95
  • 新娘子 悄に鼠竊の魂を驚かし
  • 戇老翁 酔うて魚鱗の瓦を索む
  • 第三十二回 / 112
  • 鄧九公 身後の名を関心かけ
  • 褚大娘 離れの宴に意を得ぐ
  • 第三十三回 / 132
  • 申庭訓 よく書香を紹ぐを喜び
  • 話農功 同に家政を操るを請う
  • 第三十四回 / 153
  • 屛紈袴 穏歩と雲程を試し
  • 破寂寥 閒かに月夜に談ず
  • 第三十五回 / 175
  • 何老人 棘闈にて異兆を示し
  • 安公子 桂苑にて先声を占む
  • 第三十六回 / 196
  • 満路春風 探花に及第られ
  • 一樽佳醸 酒釃み師に酬ゆ
  • 第三十七回 / 216
  • 誌過銘 嫌隙が佳話と成り
  • 合歓酒 婢子が夫人に代る
  • 第三十八回 / 238
  • 小学士 儼かに天下の師となり
  • 老封翁 驀ずも窮途の客に遇う
  • 第三十九回 / 259
  • 包容量 一諾 貧を義賙い
  • 矍鑠翁 九十 子を双生く
  • 第四十回 / 283
  • 虚吃驚 遠く陽関曲を奏し
  • 真幸事 穏く小星裯を抱く
  • あとがき / 325
  • 鏡花縁
  • 第一回 / 329
  • 女魁星 北斗に景象を垂らし
  • 老王母 西池に芳筵を賜わる
  • 第二回 / 333
  • 正言を発べて花仙は時令に順い
  • 罰約を定めて月姉は風狂を助く
  • 第三回 / 337
  • 徐英公 檄を伝えて義兵を起こし
  • 洛主簿 書を修めて良友に寄す
  • 第四回 / 340
  • 雪の詩を吟じて暖閣に酒を賭け
  • 酔筆を揮って上苑に花を催す
  • 第五回 / 344
  • 俏しき宮娥 戯れて金盞草を誇り
  • 武しき太后 怒って牡丹花を貶す
  • 第六回 / 348
  • 衆宰 宣を承けて上苑に遊び
  • 百花 譴を獲て紅塵に降る
  • 第七回 / 353
  • 小才女 月下に文科を論じ
  • 老書生 夢中に善果を聞く
  • 第八回 / 356
  • 囂塵を棄て伴と結んで寰海に遊び
  • 勝跡を覓め踪を窮めて遠山を越ゆ
  • 第九回 / 361
  • 肉芝を服み年を延べ寿を益し
  • 朱草を食い聖に入り凡を超ゆ
  • 第十回 / 366
  • 大蟲を誅して佳人は薬箭を施し
  • 奇鳥を摶って壮士は空拳を奮う
  • 第十一回 / 373
  • 雅化を観て閒かに君子の邦に遊び
  • 仁風を慕い誤って良臣の府に入る
  • 第十二回 / 376
  • 双の宰輔は俗弊を暢談し
  • 両の書生は良箴に敬服す
  • 第十三回 / 383
  • 美人 海に入って羅網に遭り
  • 儒士 山に登って路途を失う
  • 第十四回 / 388
  • 寿妖を談じて道に聶耳を経
  • 窮通を論じて路は無腸に出ず
  • 第十五回 / 392
  • 相逢うを喜んで師と生は故旧を談じ
  • 巧みに遇合して賓と主は新親を結ぶ
  • 第十六回 / 398
  • 紫衣の娘は殷勤に字を問い
  • 白髪の翁は傲慢に文を談ず
  • 第十七回 / 404
  • 字声に因りて粗かに切韻を談じ
  • 雁唳を聞いて細かに来賓を問う
  • 第十八回 / 409
  • 清談を闢べて幼女は羲経を講じ
  • 至論を発して書生は孟子を尊ぶ
  • 第十九回 / 414
  • 女辱を受けて潜かに黒歯の国を逃れ
  • 民風を観て聯いて小人の国を歩む
  • 第二十回 / 420
  • 丹桂岩に山鶏は鏡に舞い
  • 碧梧嶺に孔雀は屛を開く
  • 第二十一回 / 422
  • 悪獣に逢うて唐生は難を被り
  • 神槍を施して魏女は囲を解く
  • 第二十二回 / 428
  • 自民に遇うて儒士は奇文を聴き
  • 薬獣を見て武夫は妙論を発す
  • 第二十三回 / 433
  • 酸話を説いて酒保は文を咬み
  • 迂談を講じて腐儒は字を嚼む
  • 第二十四回 / 438
  • 唐探花 酒楼に善政を聞き
  • 徐公子 茶肆に衷情を述ぶ
  • 第二十五回 / 443
  • 危垣を越えて潜かに淑士の関を出で
  • 曲岸に登って閒かに両面の国に遊ぶ
  • 第二十六回 / 447
  • 強梁に遇うて義女は徳を懐い
  • 大厄に遭うて霊魚は恩に報ゆ
  • 第二十七回 / 453
  • 奇形を観つつ路は翼民郡を過ぎ
  • 異相を談じつつ道は豕啄郷に出ず
  • 第二十八回 / 459
  • 老書生 義に仗って竜泉を舞わし
  • 小美女 恩を銜んで虎穴を脱す
  • 第二十九回 / 464
  • 妙薬を服して幼子は春を回し
  • 奇方を伝えて老翁は世を済う
  • 第三十回 / 469
  • 蝿頭を覓めて林郎は禽鳥を売り
  • 恙体に因って枝女は螟蛉と作る
  • 第三十一回 / 474
  • 字母を談じて妙語に迷団を指き
  • 花燈を看て戯言に啞謎を猜つ
  • 第三十二回 / 481
  • 籌算を訪ねて暢かに智佳国に遊び
  • 艶妝を観つつ閒かに女児郷を歩む
  • 第三十三回 / 486
  • 粉面の郎は足を纒られて困みを受け
  • 長鬚の女は股を玩んで情を垂る
  • 第三十四回 / 490
  • 麗人を見て女王は吉期を定め
  • 良友を訪ねて老翁は凶信を得
  • 第三十五回 / 494
  • 紅鸞を現わして林貴妃は課に応じ
  • 黄榜を掲げて唐義士は河を治む
  • 第三十六回 / 500
  • 佳人 喜んで東牀の婿と做り
  • 壮士 愁えて挙桉の妻と為る
  • 第三十七回 / 505
  • 新貴妃は本に反って男と為り
  • 旧儲子は原に還って女と作る
  • 第三十八回 / 509
  • 玉橋を歩いて茂林に鳳の舞を観
  • 金戸を穿って宝殿に鸞の歌を聴く
  • 第三十九回 / 514
  • 軒轅国に諸王は寿を祝い
  • 蓬萊島に二老は山に遊ぶ
  • 第四十回 / 519
  • 仙山に入り手を撒って凡塵を捨て
  • 瀚海を走り腸を牽かれて故土に帰る
  • 第四十一回-第九十九回 / 524
  • 梗概
  • 第百回 / 527
  • 奇勲を建てて節度は朝に還り
  • 大宝を伝えて中宗は位に復す
  • 付表(動植物対照表・海外諸国対照表) / 532
  • 地図 / 542
  • 解説 / 543

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中国古典文学全集
書名ヨミ チュウゴク コテン ブンガク ゼンシュウ
書名別名 鏡花縁

児女英雄伝. 下

Chugoku koten bungaku zenshu
巻冊次 第30巻
出版元 平凡社
刊行年月 1961
ページ数 546p
大きさ 23cm
全国書誌番号
56007195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
児女英雄伝. 下 奥野信太郎, 常石茂, 村松暎
鏡花縁 李汝珍, 田森襄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想