現代詩の鑑賞 : 僕の鑑賞の道すじから

金子光晴 著

[目次]

  • 目次
  • 象徵派を鑑賞しながら
  • 飜譯詩の影響 / 6
  • 日本の月光派の詩人たち / 29
  • 白秋の光明禮讚とその影響 / 51
  • フランスのエレガンス的傾向 / 65
  • 新しいダンデイズム出現 / 80
  • 大正末期の諸傾向
  • 僕が詩を作りはじめた頃 / 108
  • ポール・フォールの影響 / 125
  • 民衆詩派の橫行 / 131
  • 白樺をつぐものたち / 138
  • 生の詩人エミール・ヹエルハアラン / 148
  • 現代詩の鑑賞
  • 現代詩とは / 166
  • 『抒情詩』以後 / 171
  • 『四季』の人たち / 184
  • 戰後の詩 / 188
  • 跋文 / 196
  • 引用詩索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代詩の鑑賞 : 僕の鑑賞の道すじから
著作者等 金子 光晴
書名ヨミ ゲンダイシ ノ カンショウ : ボク ノ カンショウ ノ ミチスジ カラ
シリーズ名 河出新書
出版元 河出書房
刊行年月 1954
ページ数 196p 図版
大きさ 18cm
NCID BN13531242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54007735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想