現代短歌精講 : 展望と評釈

谷馨 著

[目次]

  • 現代短歌精講
  • 目次
  • 第一 展望篇
  • 第一章 明治初期歌壇と新題和歌など / 3
  • 一、 德川歌壇の残流 / 4
  • 二、 御歌所派と民間歌人 / 5
  • 三、 開化新題歌と詠史歌 / 6
  • 第二章 「新体詩抄」と和歌改良論 / 8
  • 一、 新体詩抄 / 9
  • 二、 和歌改良論 / 10
  • 三、 言文一致歌 / 11
  • 第三章 新派和歌の諸運動 / 12
  • 一、 落合直文と「浅香社」 / 13
  • 二、 鉄幹と「新詩社」及び晶子 / 14
  • 三、 子規と「根岸短歌会」 / 17
  • 四、 「竹柏会」と「いかづち会」「若菜会」 / 18
  • 第四章 「明星」と「根岸派」 / 20
  • 一、 「明星」の浪曼主義とその沒落 / 22
  • 二、 根岸短歌会と「アララギ」の誕生 / 24
  • 三、 その他 / 25
  • 第五章 歌壇における自然主義 / 26
  • 一、 「スバル」と「創作」 / 28
  • 二、 牧水と夕暮 / 29
  • 三、 柴舟と薰園 / 30
  • 四、 哀果と啄木 / 31
  • 五、 白秋と勇 / 34
  • 六、 窪田空穗 / 36
  • 七、 アララギ歌人 / 36
  • 八、 その他 / 39
  • 第六章 「アララギ」の隆盛と諸派 / 39
  • 一、 アララギ派 / 41
  • 二、 諸派歌人 / 48
  • 第七章 戦中戦後の歌壇 / 60
  • 第二 評釈篇
  • 一、 落合直文 / 65
  • 二、 佐佐木信綱 / 79
  • 三、 与謝野鉄幹 / 91
  • 四、 正岡子規 / 115
  • 五、 与謝野晶子 / 175
  • 六、 尾上柴舟 / 211
  • 七、 金子薰園 / 229
  • 八、 伊藤左千夫 / 244
  • 九、 長塚節 / 269
  • 一〇、 窪田空穗 / 288
  • 一一、 太田水穗 / 308
  • 一二、 北原白秋 / 312
  • 一三、 吉井勇 / 332
  • 一四、 若山牧水 / 341
  • 一五、 前田夕暮 / 357
  • 一六、 石川啄木 / 373
  • 一七、 土岐善麿 / 392
  • 一八、 島木赤彥 / 399
  • 一九、 斎藤茂吉 / 417
  • 二〇、 中村憲吉 / 445
  • 二一、 古泉千樫 / 461
  • 二二、 石原純 / 472
  • 二三、 釈迢空 / 482
  • 二四、 木下利玄 / 494
  • 綜合索引 / 508

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代短歌精講 : 展望と評釈
著作者等 谷 馨
書名ヨミ ゲンダイ タンカ セイコウ : テンボウ ト ヒョウシャク
出版元 学燈社
刊行年月 1953
版表示 7版
ページ数 517p 図版
大きさ 19cm
NCID BA3314710X
BA40178497
BA73241941
BN05835445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54011730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想