平家物語の研究

佐々木八郎 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 序説 / 1
  • 一部 平家物語の成立と性格
  • 第一篇 平家物語の成立 / 1
  • 第一章 平曲以前の琵琶法師 / 3
  • 第二章 平家物語の成立 / 11
  • 第三章 灌頂巻の成立 / 81
  • 第四章 平家物語と源平盛衰記 / 111
  • 第五章 平家物語の本質 / 128
  • 第六章 平家物語の系譜 / 136
  • 第二篇 平家物語の性格 / 143
  • 第一章 文学的性格 / 145
  • 第一節 構成 / 145
  • 第二節 抒情 / 214
  • 第三節 表現 / 260
  • 第二章 歴史的性格 / 357
  • 第一節 素材 / 359
  • 第二節 叙述の真実性 / 361
  • 第三節 歴史性と文学性及び思想性 / 372
  • 第四節 歴史的態度の問題 / 409
  • 第五節 歴史小説としての性格 / 411
  • 第三章 思想的性格-時代性との相関において- / 417
  • 第一節 思想的統一原理 / 417
  • 第二節 道徳思想 / 440
  • 第三節 武士精神 / 445
  • 第四節 批評精神 / 470
  • 二部 平家物語の成長変化と影響
  • 第三篇 平家物語の成長変化 / 1
  • 第一章 序説 / 3
  • 第二章 音曲的事情による成長変化 / 7
  • 第一節 単純なる変化 / 8
  • 第二節 散文の韻文化 / 14
  • 第三章 作者の態度による成長変化 / 21
  • 第四章 時代思潮による成長変化 / 34
  • 第一節 浄土思想の影響 / 34
  • 第二節 神国思想と武士精神によるもの / 40
  • 第三節 人物の理想化 / 46
  • 第四節 主智的傾向によるもの / 67
  • 第五節 芸能思想の影響 / 78
  • 第五章 文学的意図による成長変化 / 88
  • 第一節 字句の推敲 / 89
  • 第二節 語句の韻文化 / 98
  • 第三節 文章の潤色改作 / 111
  • 第四節 叙述の添加 / 141
  • 第五節 表現の劇化 / 159
  • 第六章 結語 / 203
  • 第七章 附記 / 212
  • 第一節 本文の新古と諸本の先後 / 212
  • 第二節 屋代本私説 / 226
  • 第四篇 平家物語の影響 / 235
  • 第一章 序説 / 237
  • 第二章 平家物語と義経記 / 255
  • 第三章 平家物語と曾我物語 / 274
  • 第四章 平家物語と近古小説 / 289
  • 第五章 平家物の謡曲 / 318
  • 第六章 平家物語と幸若舞曲 / 354
  • 第七章 平家物語と戯曲 / 397
  • 第一節 古浄瑠璃と平家物語 / 397
  • 第二節 近松の浄瑠璃と平家物語 / 420
  • 第三節 その他の浄瑠璃及び歌謡と平家物語 / 457
  • 第四節 平家物語と歌舞伎脚本 -黙阿弥以前- / 538
  • 第五節 平家物語と黙阿弥物 / 564
  • 第八章 平家物語と江戸文学 / 579
  • 第一節 平家物語と江戸小説 / 579
  • 第二節 平家物語と川柳 / 621
  • 第九章 平家物語と明治・大正文学 / 652
  • 補説
  • 平家物語の評価をめぐつて / 1
  • 平家物語注釈史 / 17

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 平家物語の研究
著作者等 佐々木 八郎
書名ヨミ ヘイケ モノガタリ ノ ケンキュウ
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 1967
版表示 増補版
ページ数 499, 732, 33p
大きさ 22cm
NCID BN06795051
BN0288350X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68003260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想