密偵ワサが来た

五味康祐 著

動乱の幕末に、英国公使の密偵を勤めるワサは、将軍の密命を帯びて渡海していた公儀隠密村雨和三郎であった。薩長の要人とも気脈を通じて行動するワサの周辺で、尊王派、佐幕派、そして日本の植民地化を劃策する西欧列強が繰り拡げる三つ巴の殺戮。7カ国語を操り、甲源一刀流の遣い手というワサは、一体なにを企むのか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 密偵ワサが来た
著作者等 五味 康祐
書名ヨミ ミッテイ ワサ ガ キタ
出版元 文芸春秋
刊行年月 1967
ページ数 306p
大きさ 20cm
ISBN 4167335069
NCID BA3187638X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68000369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想