笑う月

安部公房 著

笑う月が追いかけてくる。直径1メートル半ほどの、オレンジ色の満月が、ただふわふわと追いかけてくる。夢のなかで周期的に訪れるこの笑う月は、ぼくにとって恐怖の極限のイメージなのだ-。交錯するユーモアとイロニー、鋭い洞察。夢という"意識下でつづっている創作ノート"は、安部文学生成の秘密を明かしてくれる。表題作ほか著者が生け捕りにした夢のスナップショット全17編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 睡眠誘導術
  • 笑う月
  • たとえば、タブの研究
  • 発想の種子
  • 藤野君のこと
  • 蓄音機
  • ワラゲン考
  • アリスのカメラ
  • シャボン玉の皮
  • ある芸術家の肖像
  • 阿波環状線の夢
  • 案内人
  • 自己犠牲
  • 空飛ぶ男
  • 公然の秘密
  • 密会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 笑う月
著作者等 安部 公房
書名ヨミ ワラウ ツキ
書名別名 Warau tsuki
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1984.7
版表示 改版
ページ数 162p
大きさ 15cm
ISBN 4101121184
NCID BB1704409X
BN0149970X
BN09150507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84054994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想