京都千年  6

原田伴彦 ほか編集

[目次]

  • 京都千年 六--文学とその舞台
  • 目次
  • 第一章 栄華と落日の舞台 / 31
  • 平安文学と京都 田中阿里子 / 33
  • 平安文学の舞台 / 41
  • 源氏物語/枕草子/蜻蛉日記/更級日記
  • 宇治十帖の文学風土 / 59
  • 八宮山荘を尋ねる/「椿姫」のイメージ/寒き洲崎に立てる笠鷺/
  • 世を憂じ山と……/宇治十帖の文学遺跡
  • 百人一首の世界 松本章男 / 68
  • 『平家物語』の時代と京都 百瀬明治 / 75
  • 『平家物語』の舞台 / 83
  • 『平家物語』と嵯峨野/『平家物語』と大原/『平家物語』と鹿ヶ谷
  • 『明月記』と六条院/『方丈記』と日野の里
  • 謡曲と京都 北川忠彦 / 97
  • 京の謡曲散歩 / 105
  • 洛中(羅城門・清涼殿・神泉苑・六条河原院)/
  • 洛東(清水寺・東北院・泉涌寺)/
  • 洛北(下鴨神社・鞍馬寺・市原・大原)/
  • 洛西(嵯峨野・清凉寺・大原野)/
  • 洛南(平等院・伏見稲荷・石清水八幡)
  • コラム・観世井 / 118
  • 第二章 花の都の残影 / 119
  • 江戸文学と京都 宗政五十緒 / 121
  • まえがき/西鶴の京都/近松の京都/『膝栗毛』の京都/上田秋成の京都
  • 歌人たちの京都/詩人たちの京都
  • 江戸文学の舞台 / 130
  • 『好色一代男』/『好色一代女』/『世間胸算用』/『日本永代蔵』/
  • 『東海道中膝栗毛』/『大経師昔暦』
  • 見聞記にみえる京の風物 原田伴彦 / 140
  • 見聞録が描く江戸時代の京 / 148
  • 江戸と観光京都/三都の気質と趣き/江戸人の観た京の町/
  • 京に遊ぶ町人の旅/四条河原、夏の賑わい/外国人と京の印象
  • コラム・『都名所図会』の評判 / 162
  • 京と二俳聖・芭蕉と蕪村 中條角次郎 / 164
  • 第三章 近代京都の表情 / 171
  • 京都と近代文学 駒敏郎 / 173
  • 青春の京都/『帰郷』と『古都』
  • コラム・近世京都の活字印刷 / 181
  • 近代文学の舞台 / 182
  • 新京極/寺町通/木屋町通と高瀬川/四条河原/三本木/五番町と千本通/
  • 神泉苑と堀川/疏水/哲学の道と吉田山/岡崎/永観堂/能野神社/円山公園/
  • 光悦寺/御薗橋/鞍馬/大原/比叡山/野々宮/二尊院/滝口寺と祇王寺/
  • 化野念仏寺/金閣寺と苔寺/等持院/仁和寺/広隆寺/東福寺/伏見稲荷/
  • 東寺と羅城門/浄瑠璃寺/天王山/橋本
  • コラム・瓢亭の献立・島崎藤村『道遠し』より / 232

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 京都千年
著作者等 原田 伴彦
駒 敏郎
原田伴彦 集
書名ヨミ キョウト センネン
書名別名 文学とその舞台 : 描かれた京都今昔

Kyoto sennen
巻冊次 6
出版元 講談社
刊行年月 1984.6
ページ数 232p
大きさ 21cm
ISBN 4061871064
NCID BN04258641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84043273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
文学とその舞台 : 描かれた京都今昔 駒敏郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想