平林たい子

板垣直子 著

[目次]

  • 目次
  • 伝記
  • 1 信州という風土 / 11
  • 2 父祖と兄弟たち / 19
  • 3 幼年・小学校時代-一教師の影響 / 26
  • 4 諏訪高女時代-社会主義思想の浸透と少女たい子の共鳴 / 28
  • 5 出京・就職・馘首・再就職、社会主義に一歩前進す、アナーキズムのグループに加わる / 34
  • 6 一人のアナーキスト青年との宿命的な結び付き-第一の結婚・大陸にまでのびた悲しき流浪 / 39
  • 7 ある「マ・ボー」派青年との短期共同生活 / 53
  • 8 「マ・ボー」、「ダムダム」派など、アナーキスト青年達とのその後の交遊のなかで / 56
  • 9 アナーキスト青年飯田徳太郎との同棲二年間-「誠和女学校」の発表-大阪朝日新聞に当選-林芙美子との交遊-探偵小説と童話をかく-「投げすてよ!」の脱稿-第一の結婚の相手Gの再出現-飯田との結婚解消 / 59
  • 10 小堀甚二との結婚 / 71
  • 11 作家生活の開始-初期作の一般ヒューマニズム的基調-「文芸戦線」による発足 / 78
  • 12 プロレタリア作家としての活動-代表的なプロレタリア作品の制作について-時潮に即した歩み方-プロレタリア文学に対する批判と懐疑 / 82
  • 13 「文戦」からの脱退-小堀との一時的な別居-転換期的創作の一時代(ファッシズム思潮のなかに生きて) / 86
  • 14 「人民戦線」の名による検挙、拘留中の罹病、療養の場所を求めての彷徨 / 91
  • 15 闘病八年、夫小堀の献身的な看護 / 96
  • 16 戦後の再出発と戦後の執筆状況-思想的な幻滅と暗黒な心境-養母としての経験 / 101
  • 17 江古田の家にうつってから-明暗あざなわれた知られざる運命の接近-たい子のジャーナリズムにおける繁栄-健康の破壊、口述執筆始まる-やくざの世界に題材を広げる-中間小説の執筆増加 / 109
  • 18 夫婦間の冷却-悲しき四十代の恋愛事件-洋行-社会時評の執筆と社会活動 / 115
  • 19 夫小堀の告白!小堀甚二との離婚の成立 / 121
  • 20 孤独にもどって-ジャーナリズムでの繁栄つづく-生涯についての回顧と決算-新聞の朝刊に初めて登場、長編「愛情旅行」の連載-純文学の長編「黒の時代」に力闘 / 126
  • 文学
  • 21 自伝的な処女作のころ-ヒューマニズム作家としての出発-「誠和女学校」その他の初期作-「嘲る」-「施療室にて」-「投げすてよ!」 / 133
  • 22 プロレタリア作家としての活動(昭和三年-八年位まで) / 139
  • I 社会意識をもとにした写実 / 139
  • II 労資の対立、及び争議を扱ったもの(農村と工場における) / 146
  • III 建設的、及び非建設的な運動を扱った作品 / 152
  • IV 階級闘争者と婦人の問題 / 156
  • V いわゆる愛情の問題 / 158
  • VI 平林たい子のプロレタリア文学の特点 / 164
  • 23 自伝的な身辺もの / 167
  • 24 転形期の素描 / 169
  • 25 闘病を扱った自伝的な連作五つ / 173
  • 26 終戦のころを描いて / 182
  • 27 母親の体験の創作化 / 185
  • 28 自伝的な回想もの / 187
  • 29 戦後の身辺もの / 202
  • 30 やくざもの / 208
  • 平林たい子とやくざものについて / 214
  • 31 中間小説 / 216
  • 32 二つの長編-「愛情旅行」-「黒の時代」 / 218

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 平林たい子
著作者等 板垣 直子
書名ヨミ ヒラバヤシ タイコ
書名別名 Hirabayashi taiko
シリーズ名 作家論シリーズ ; 第10
出版元 東京ライフ社
刊行年月 1956
ページ数 226p
大きさ 19cm
NCID BN09273223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56013808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想